トリビアの泉

プレミアムアウトレットと三井アウトレットは大きく違う!?理由を説明します!

どうも。アウトレット難民近所です(´・ω・`)

と言うのも近くに無いんですよね~アウトレットモール。

 

アウトレットモールと言うとどこを思い浮かべますか?

  • プレミアムアウトレット○○
  • 三井アウトレットパーク○○

 

日本ではこの2つが二大アウトレットモールとして君臨しています。

 

しかし、プレミアムアウトレットと三井アウトレットは実はそれぞれ特徴がある物ってご存知でしたか?

今回はその違いについて解説しようと思います!

プレミアムアウトレットとは

プレミアムアウトレットは三菱地所・サイモン株式会社が運営するアウトレットモール。

日本進出当初はアメリカのアウトレットモールディベロッパーのチェルシーの日本支所。

 

チェルシーが40%、三菱地所・双日が30%ずつ株を持った合弁会社のチェルシージャパン株式会社でした

 

後に三菱地所が双日の株すべてを譲受し筆頭株主になり、アメリカ本国のチェルシーもサイモンに買収されたため三菱地所・サイモン株主と元の名前が完全に消えた名前になってます。

 

開業当初はチェルシー・プレミアム・アウトレットと名乗っていたので、いち早く「神戸三田」「りんくう」のアウトレットモールが開業していた関西人だと、こっちの名前も聞き覚えがある人も多いと思います。

 

プレミアムアウトレットの特徴

基本的にロードサイドで車で来ることが前提の立地。

 

皆さんの近場のプレミアムアウトレットを思い浮かべてみて下さい。

なんでこんなところに行きにくい所にあんねん・・・

って感じの所が多くないですか?

 

これはワザとこういった立地に立てて、【お出掛け感】【せっかく来たから感】を演出しています。

 

せっかく来たからには何か買うぞ!

 

旅行行った時とかこんな事考えたことある人は少なくないことでしょう。

 

施設内のモチーフは米国の古い町並みでちょっとモダンでレトロなデザインが多くなっています。

 

元は海外のアウトレットらしく、【高級品を通常より安く】と言う価格帯なので、ブランドショップなどが多く入居しています。

 

また開業後に数年単位で徐々に大きく広げていき、第二期拡大三期拡大・・・とかなりの長期間をかけて規模拡大を行うのが開発モデルとなっています。

 

これも実は計算された開発モデル。

増床オープンって言われるとちょっと行って見ようかな・・・って気になりますよね。

 

郊外に立てるのもこの増床がしやすいことも候補地の一つとなります。

スポンサーリンク

三井アウトレットとは

こちらはららぽーとも運営している三井が手掛けるアウトレット。純国産のアウトレット業態となっています。

 

そのためコンセプトもビミョーに異なっており、レジャー施設複合や駅近など日本の小売りスタイルに沿った形のアウトレット。

 

規模も小さい所から大きい所まで差が大きく、小さい所だと大阪鶴見のアウトレットで56店舗ほど、大きい所だとジャズドリーム長島の300店舗超となっています。

 

鶴見の場合花市場やパフォーマンスステージが併設されており、長島の場合すぐ近くにナガシマスパーランドやホテルなどリゾート施設の1つとなっています。

 

その他でも駅すぐの幕張や、海から入れるマリンピア神戸など複合型施設となっているところがほとんど。

 

三井アウトレットの特徴

こちらはプレミアムアウトレットとは違い【日常のアウトレット】と言う感じ。

 

馴染みのあるブランドのアウトレットが軒を連ねており、価格的にも買いやすい値段設定となっています。

 

良くも悪くも日本のアウトレットと言う感じで、「とにかく安い物」が多い印象です。

 

こちらも増床などがありますが、計画的にしているかは不明。

勝手なイメージかも知れませんが

競合が出来た!→増床や!

っていう、日本のショッピングモールの典型パターンで規模を増やしてる気がする。

2大アウトレットの違いとは

日本では主にこのプレミアムアウトレット三井アウトレットが双璧となっており、他にもあるにはありますが規模ではこの2つには敵いません。

 

CMのイメージからアパレル関係ばかりかと思われそうですが、ヘンケルスやテンピュール、Nixonなどの生活雑貨店やフードコート、レストランもしっかりあります。

 

さて、本題のこの2つのアウトレットの違いですが先ほどの説明をざっくりまとめると

プレミアムアウトレットの特徴

  1. 有名ブランドのB品(傷物)や型落ち品を安く販売
  2. 1店舗当たりの店内が広くゆったり
  3. 車で来ることが前提なので駐車場は広く無料がほとんど

三井アウトレット

  1. 通常のショッピングモールにある店舗が多い
  2. 店舗数が多いが狭い店舗も多い
  3. 公共交通機関で来る事も視野のため場所によっては駐車場代が掛かる

となります。

極端に言えば

  • プレミアムアウトレットはお高い物を普通よりお安く
  • 三井アウトレットは普段の物をお安く

と言う感じ。

でも最近は・・・・

ですが実はこの違いは最近だいぶ無くなってきました。
昔は三井にはコーチやグッチなどの海外ブランドのアウトレットは少なかったですが最近は入居しているところもチラホラ。

 

逆にプレミアムアウトレットにもアースやイーハイフンなどのファストファッション系のアウトレットも増えてます。

 

ただ、それでもBOSEやNICONなどちょっと高級志向アイテムのアウトレット店舗はプレミアムアウトレットに多くなっています。

 

数年前の正月に三井のアウトレット行ったら中身は覚えてないですがニコン100万円の福袋が完売しててバブルを感じた。

 

通常でもトピックスに乗ってた例で言うと、D3400に短焦点レンズとフィルターで78,000円と相当お安い。(本体だけで6万近く+レンズで数万します)

 

あまり大きな声で言えませんが、最近はB品を売ると言うよりも売れ残りを叩き売るところや、アウトレットのための新商品を売ってたりします。

売れ残りのたたき売りはともかく、アウトレット用に商品開発してそれ売るってなんか間違ってないか・・・?

スポンサーリンク

使いやすいのはどちら?

おそらく「使いやすい」と言う意味では三井に軍配があがります。

全国的に見れば近くにららぽーとがある方は三井のショッピングカードが共通なので、ポイント共有なども出来るため利便性は高そうですし、ファミリーで行く場合にはこちらの方が周辺に色々な施設があるので活用しやすいかと思います。

 

逆にプレミアムアウトレットの三菱地所は都心型ディベロッパー。

カードの共通利用も無くはないですが、そこまで日常的に使う人が少ない為利便性は低いですね。

 

カップルや夫婦など大人で行くには雰囲気的にもコチラをおすすめします。モダンな町並みが夜はライトアップされてどこかリゾートに来た気分。

と言ってもこれは都市圏での話。

 

四国には2大アウトレットは無いですし、中国地方でも岡山の三井アウトレットぐらい。

なので広島県民で近いトコロを挙げると

  • 三井・・・岡山の倉敷アウトレット、神戸のマリンピア神戸
  • プレミアムアウトレット・・・神戸三田かりんくう。

 

どちらも交通費がとんでもない事になるので行くことはほぼありませんけどね。

個人的には交通費を無視すれば、どうせ行くなら三田のプレミアムアウトレットの方が良い物が置いてあって楽しめるかな?と言う感じ。

 

・・・・・アウトレット行きたいなぁ

通販好きが良く利用する安い通販サイト紹介!

ロゴスランドが京都府城陽市に2018年6月30日オープン!予約もできます!

国内旅行をお得に予約できるサイト

汎用性の高いポイントとクーポンが魅力の楽天トラベル

お得にホテル・旅館を選ぶならポイントを考えて楽天トラベルが安い!

 

オリジナルプランもOK。特別な旅行を楽しむにはRelax

特別な大人旅にプロ厳選の旅館・ホテルの予約が出来るRelux!

 

新幹線・飛行機・レンタカーを一気に予約できるるるぶトラベル

ホテル・旅館予約の選び方!新幹線を使う場合はるるぶトラベル!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA