読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。基本毎日更新を目標。

アラサー男子が友人の結婚式に参加して心配になったことBEST3

どうも。近所です(´・ω・`)

 

 

 

なんか壮大で大層なタイトルがついてますが恒例の良いなぁ…記事です。

人はこれを嫉妬と言う。

それだけだと面白くもなんともない僻み記事になるので、ふと思った心配事や面白話も交えますのでお楽しみに(´・ω・`)

 

14日は実家着いたのが14日の午前1時で朝7時起き→結婚式→二次会→23時帰宅とかだったのでさすがにブログは書けませんでした。

 

ちなみにこの二次会は公式(?)なものは開催しないとのことだったので仲間内で地元に帰ってからやりました。いわゆるただの飲み会(´・ω・`)

 

稀代の雨男 VS 稀代の晴男

何を隠そう私は稀代の雨男。突発的に何かをした時には特に被害はないんですが、前々から考えてた計画などの時はなぜか雨が降るという。

 

はい。今回は冬なので雪を降らせてみました(´・ω・`)

https://www.instagram.com/p/BPP2wlgF71l/

2017年、雨男がちょっと本気を出したようです。明日帰れるかな(´・ω・`) #雨男#京都#関西#雪

 

しかしこちらにはデートの際に雨が降ったのは1度か2度と言う晴れ男がついてる。

いざ尋常に勝負!

 

戦いの結果…晴れ時々雪と言う痛み分けでした。

その晴れ男が14日に夜行で京都を発ち、雨男のみが京都に居座ってるので真っ白でしたす(´・ω・`)ガチで帰れるか不安になるレベルでしたわ…。

※無事帰れました

体力不足な二次会

披露宴が終わって一度実家に戻り私服に着替えて二次会と言う予定だったんですが披露宴でたらふく食べた後だったので時間つぶしも兼ねてボーリング(数年ぶり)

 

最初ははしゃいで (∩´∀`)∩イェーイ!! してたアラサー達ですが3Gやって最後の方にはほぼ全員が右腕が怠くなり超低レベルで熾烈な争いが勃発。

 

そのあと地元の仲間も合流して18時半ぐらいから22時半まで宴。既婚者を除き赤裸々に恋バナをするアラサー達の集団7名(うち2名既婚者)。既婚者除き誰一人として相手がいないという寂しき集団(´・ω・`)。こう見えて一応自分も何かしらの行動はしております。(実ってるとは言ってない)

自分含め最後の方は眠気に襲われる始末。自分たちが思ってるほど体力がなく若くなかったらしい。

 

結婚式でその技は反則だと思うんだ。僕。

話を戻して結婚式の話題。前回はその晴れ男の結婚式で初対面の花嫁さんがお父さんの手を離れた瞬間に落涙と言う新婦側の方々に並ぶ記録を樹立。始めて結婚式に参列したから雰囲気とかそういうのもあったんやと思うんよね。

 

今回はもう1度そういう空気に触れてるから大丈夫や。と、思って臨みましたが

|д゚)え?入場前に…花嫁さんのムービー…?

………「育ててくれてありがとう」あ、これアカンやつ(´;ω;`)ブワッ

 

披露宴に散りばめられたサプライズ

そのまま披露宴が始まりまして、披露宴は楽しく和気あいあいとした楽しい雰囲気の中で進みまして。結構楽しそうなムービーやら新郎新婦に関するゲームやらをしながらで、ちょっとした打ち上げ的な雰囲気。

 

これはもう大丈夫やろ。なんて思ってた矢先。また新郎がやってくれましたよ。

お色直しにどうしても一緒に手を取って歩きたい人で仲人の老夫婦を指名。余りのサプライズにおばあちゃん号泣。その涙につられ自分も号泣。

 

さらに最後のまとめムービーでまさかの結婚式の花嫁さんムービーの再来でまた泣く。

 

いやぁ…結婚式って良いもんですねぇ(´;ω;`)ウゥゥ

 

実は超大変な式場スタッフ

友達に式場で勤めてる方がいるのでたまに連絡したりするんですが、いろいろ細やかな気遣いをされていてすっごい大変。担当になって今日の結婚式を新郎新婦と考えたスタッフさんのサポートや、司会の方の楽しいイベントの時はハッキリ明るく、しんみりイベントの時は少し涙を誘うテンションの語りとか…。

 

自分らも仕事柄、これが出来て当然と言う世界なのでほとんど御礼なんて言われることないですが、言われるとうれしいもんです。

 

なので終わってから御礼を言いに行くとあんまりそういう人いないのか結構驚かれました。(´・ω・`)いいよね。別に悪いことしてないし。あんだけ色々してくれて知り合いから仕事ぶり聞いてるとお礼の一つも言いたくなりますし

 

アラサー男子の結婚に関する心配事1

今回の和気あいあいとして盛り上がった披露宴を見てふと気づく。

あれ?俺…結婚式呼べる人少なくね?( ゚Д゚)

 

年齢が上がるにつれ女性率が上がり、大学もサークルとかせずバイトに精を出してたのでそういう関係もなし。自分が割とすぐ京都から島流し四国に行ったので遊んだりも無く…とどめに会社は小売業という事もあり同僚は多いが関係性が薄い。

 

まとめてみると

小学校の友人…すでに数人を除きほぼ連絡皆無で呼んでいいのか…?

中学校の友人…今日来てた人は基本的に呼べる。

高校の友人…連絡皆無。facebookで多少あるがほぼ女性。

大学の友人…今でもつるむ男は愛媛の友人ぐらいだが販売職なので参加できるかどうか。

会社の同僚…同僚は9割女性、しかも全国に散らばってるので連絡ほぼなし、今ほぼ残ってない。

 

( ゚Д゚)こ…これは…やな悪寒が。

 

 

中学の友人…6名前後

会社の上司数名(2テーブル?)、親戚一同(2テーブル?)。ど、どうしよう。いや、マジで。

単純に友人が少ないってのもあるかと思いますけど、今友人としてお付き合いしていただいてる人はホントに自分に関係性がとても深い方々ばかりです。

バイトに精を出してたけど…こういう結婚式とか見るともっとサークルとかでほとばしる青春を送ってたらよかったかなぁ…なんて思ってみたり。

 

アラサー男子の結婚に関する心配事2

これまでに何度か言いましたが、パンチの効いたボーナス額だったのでこれが続くようだと…ね。(´・ω・`)生活するので精一杯で貯蓄なんてとてもとても。(自炊とかで節約しろよって意見は締め切りました)

 

勤めてる会社の規模が違いすぎるのもありますが、友人と年収ベースで200万近く差があって凹むを通り越して笑えました。

 

そう。お金の問題ですね。まだ相手もいないのでプランがどうとかは知りませんが、貯金額考えるとどう考えてもお金足りません(´・ω・`)

実入りを増やすのは至難の業なのでとりあえず出費を減らすとこから始めないと…。

 

ついでで始めたアドセンスが割と重要なウエイトを占める感じになって参りました。(とはいえ、これ以上ブログはできる気しません)

 

アラサー男子の結婚に関する心配事3

3つ目はアラサー関係ないですが自分が涙もろすぎること。昔はそうでもなかったんですけどね…いつからこんな涙もろくなったんやろ。一番最初に人前で感動の大泣きしたのは高校時代に彼女と見た映画「いま、会いに行きます」

 

あれ見て以来竹内結子が好きになりました。

 

そんでもう一個はこれも映画で大学時代に彼女と見に行った「イキガミ」。こちらに至っては呼吸困難寸前の大泣きをいたしましたので、興味ある方はぜひ。

 

今や初対面の花嫁さん見て泣くほどに涙腺が弱り切ってるんですが、母親も負けず劣らずの涙腺の脆さでお互いが泣く姿を見て無限ループに陥り式にならないんじゃないかと言う不安。

 

いざする側に立つと色々緊張とかでそれどころじゃないんかなぁ…(´・ω・`)