近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。基本毎日更新を目標。

水曜どうでしょうをリスペクトした企画動画が面白い

どうも。久々に思い出して動画見てる近所です(´・ω・`)

 

なんで今頃に「水どう」の話?という事ですが

キッカケとなったのは読者登録しているこの方の記事

www.mtomocha33.xyz

 

この記事を見て「素人がリスペクトして企画作成した動画」を思い出したので

動画そのものはもちろん。見どころなども紹介したいと思います。 

 

 

水曜どうでしょうと言う奇跡の番組

「水曜どうでしょう」は大泉洋の冠番組と言っても過言ではありません。

北海道テレビの番組なのに全国区で知られてるという番組。

 

放送期間は4年半とそこまで長くもないですが恐ろしいぐらいの知名度と人気を誇ります。

 

地方テレビ局制作番組で全国区と言うとこの他では

「探偵ナイトスクープ」でしょうか。

※これも朝日放送と言う関西のテレビ局制作

 

コチラはすでに30年近い長寿番組ですから水どうの凄さを思い知れます。

 

基本的に

  • 大泉洋にはどういう企画でどういう事をするか知らされない。
  • ディレクターが前に出る

と言うスタンスの番組です。

 

どんな企画があってどういう放送だったかは、先ほど紹介した方がたっぷり見せてくださってますのでそちらのブログをご覧ください。

 

今回自分が紹介するのはこれをリスペクトした素人制作の動画です。

まだニコニコ動画が最盛期だったのでyoutubeにはおそらく投稿がない・・・? 

ニコニコ動画が苦手な方もコメント消してぜひご覧ください。

 

18切符でサイコロの旅をやってみた(全6回+後日談)

どうです?水どうファンならもうウキウキしません?

この動画の投稿はなんと2008年9月。

 

あれから9年経ち約15万再生とそこまで圧倒的な再生数ではありませんが、手の込んだ編集と企画力で非常にクォリティーの高い動画シリーズ。

 

当時私も大学生でしたが更新されるのがめちゃくちゃ楽しみでした。

 

登場人物紹介

この作品では2名。

 

Zumi氏(水どうのミスターポジ)

企画の首謀者兼ゲームマスター。

ドSな性格であり自分もそれに巻き込まれるの上等と言うドMな面も併せ持つ。

基本電車移動なのでこの人が時刻表を基に選択肢を決める。

ドSなのでとんでもない地雷候補をしれっと混じる。

 

刀磨き氏(水どうの大泉洋ポジ)

地理と甘いものが全くの苦手。Zumi氏の玩具親友。

なんだかんだ言いながらもちゃんと企画を楽しむ優しき人物。

追い込まれないと本気を出さないタイプ。

 

作品紹介

見ていただくのが一番早いですがザクっと紹介していきます。

当時関西の大学生だった二人は水どうで人気の「さいころの旅」を企画。

 

本家大きく異なるのは

  • 京都スタート→中継地点→大阪ゴール
  • 18切符で移動し制限時間は3日

 

基本的に2~3時間の移動でたどり着けるところが候補となり

さいころの出目に任せて移動を繰り返すという単純明快なルール。

※その行先候補はZumi氏が時刻表を元に決めていく。

 

二人はさいころの出目に翻弄され続ける二人 

果たして3日の間に大阪に戻ってくることが出来るのか!?

 

見どころ

関西人同士のリアルな会話

大泉洋の北海道弁も素が出ていて面白いですが

こちらは二人とも関西人という事で道中のやり取りも面白い。

関西の大学生のノリがそのまんま出てます。

※動画を意識してか関西弁ではない。。。

 

Zumi氏のドSっぷり

候補の地雷や刀磨き氏への扱いなど随所にドSっぷりが発揮されています。

色々なところに行くのに風景画像はほとんど皆無。

別名「移動動画」とも呼ばれます。

 

編集技術

静止画+音声で構成されているのですが水どうの編集のリスペクトなど本家にかなり近い仕上がりです。

回を追うごとに水どうに近づいてるところも良い。

漢字をボコボコに間違えてるのはご愛敬

 

地名

関西スタート関西ゴールという事で近所のような西日本(特に関西圏)在住だと馴染みのある地名がちらほら。

今のご時世「google earth」なんて便利な物もあるのでどこだろう?と思ったら検索しても面白いかも。

 

 

18切符で駅名しりとりの旅(全6回+後日談)

これまた水どうファンにはワクワクのタイトル。

先ほどの続編として2008年末に行われた第2回企画。 

 

投稿は2009年の1月。再生数は17万。

 

今回はさいころに任せるのではなく自分で選んで行くという物。

緻密なまでに計算されたルールとパワーアップしたドSっぷりにそれを味わえる編集技術は見物。

 

登場人物紹介

この作品では3名が登場します。

 

Zumi氏

前回に同じく企画の首謀者兼ゲームマスター。

初っ端からキモチイイぐらいのドSっぷりを披露。

動画編集技術がさらにアップし見やすく分かりやすい。

水どうらしさがさらにアップしてます。

もう北海道テレビに就職すればよかったのに

 

刀磨き氏

前回同様Zumi氏の玩具親友で相変わらず地理は苦手。

今回はさらに大泉洋ポジを明確に強く確保。

本人が確保したいのかどうかは関係ない

 

鉄道員氏(ぽっぽや)

前回の後日談から出演。

ホントは前回のさいころの旅も出演予定だったらしい。

刀磨き氏同様地理は苦手。実は前回にも名前だけは出てたり・・・?

 

作品紹介

前回はさいころの出た目に振り回された・・・。

そこで今回は「あなた方に選んでもらいます!」

 

地理の苦手な刀磨き氏と鉄道員氏が駅名のみを知らされた候補地の中から地名の雰囲気だけでしりとりをしていく。

地理の苦手な二人相手だからこそできるこの企画。

 

さいころとは異なり6以上にもなる数多い選択肢から

見事正解ルートを選びゴールの大阪にたどり着くことができるのか・・・!?

 

見どころ

出だしからドS全開

これは動画を見ていただく方が面白いのでぜひ見てください。

先ほどの動画の最初の5分以内で分かります。

なおこれも「移動動画」です。 

 

やっぱり関西人のノリ

今回もやっぱり関西の大学生のノリ。

やっぱり最初は関西弁が少ないが後半になるにつれ真剣味が上回り始めたのか完全に関西弁で話してます。

 

緻密(でドS)なルール

水どうにもないオリジナルな企画。

テレビ番組も顔負けなレベルで細かく計算されたルール設定。

 

言葉だけでは複雑なルールも編集技術のお陰でスッと入ってきます。

後のパートで明かされますがルールの最後の項目は2人には伝えられていないかった・・・。

さすがドS

 

完璧に近いバランスの動画

水どうファンなら一度は考えたことのある企画を実際にやってみた動画。

初回のさいころは「水どうの企画をやってみた」という物でこれだけでも十分なクオリティ。

しかし2回目の企画はオリジナルであり水どうにもない面白さと緊迫感。

 

 

両方とも企画から行先決定、さらにはナレーションから編集、イラストまで手掛けるZumi氏のブレーン。

動画内では刀磨き氏のちょっと知識不足な部分軽快なノリ突っ込み高い語彙力など引き出しの多いトークが絶妙な動画。

 

 

静止画が中心で別名「移動動画」と言う異名を持つのに面白い。

下手なバラエティー番組よりも面白い内容だと思います。

ただ関西人の細かなところに食いつくノリとかが苦手な人はちょっときついかも。

 

 

個人的にどちらも非常親しみのある地名が出てくるのでより面白さを味わえてます。

もう何度見たことか。。。

 

実は幻の第3弾がある

ニコニコ動画では第一回で更新が止まってしまいましたが、実は第3弾で「国道2号3号走破の旅」と言う企画があります。

 

国道2号=大阪の梅田~福岡の北九州(総距離533.2㎞)

国道3号=北九州市~鹿児島市(総距離392.1㎞)

寄り道もするのでざっと1,000㎞に届くかと言うほどの長旅です。

 

コチラも1回だけですがZumi氏のドSっぷりがいかんなく発揮されてます。

 

 

非常に面白そうな企画なんですが多忙のため更新ストップとあり残念。

ちなみにブログもあるんですがこちらも2012年を最後に止まってます。

ちゃんとした更新と言う意味ではもっと前です。

 

水どうファンの方も満足していただけると思う素人企画の動画の紹介でした!