近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。

近所の気ままなゆるブログ

京都紋付の黒染め「漆黒加工」をレビュー!

どうも。感動が止まらない近所です(´・ω・`)

 

返ってきましたよ漆黒加工に出したアイテム達。

思ってたより早く手元にきました。

 

 この記事でもさらっと触れはしますが、京都紋付?染め直し?なんぞ?って方はコチラを読んでからだと感動も2倍

www.kinjyo8835.com

 

 

 

京都紋付の「黒染め」漆黒加工とは


前回の記事で詳しく紹介しているのでここではサラッと済ませます。

 

概要

 

  • 着物で使うような深い黒の染め技術
  • 綿・麻は染まるがポリなどの合成繊維は染まりにくい
  • 高熱を使うので弱い生地は縮みや破損の可能性あり
  • 依頼から終了まで約1ヵ月掛かる
  • 加工料は服の重さで変わる

 


黒に染めるので柄があった場合は基本的に消えてしまいます。

 

 

合成繊維は染まらないため不可ですが、混成の服(綿60%、ポリエステル40%みたいなの)は要相談。

 

重さは家で調理用のスケールで測りましたが、支払い金額にずれは無かったので試算の目安にはなると思います。

 

1か月掛かると書いてありましたが7/25に出荷して、8/9に手元に戻って来たので約2週間で終わりました。

 

 

さて、そんな京都紋付の漆黒加工の実力をとくとご覧あれ!

 

京都紋付の漆黒加工で染め直しの結果


今回依頼した2点を順にご紹介します。

 

袖口と肩の後ろに染みがあった白の麻シャツ


袖口にシミ→わかる

肩の後ろにシミ→は?


と言うシャツですね。

 

 

それがこんな感じになりました。

 

 

 


まー・・・素晴らしい真っ黒!
もはや別の服と言っても過言ではないですね。

 


気になるシミの部分ですが・・・・
分かりやすい写真を作ってみました。

 

 

 

どーですかこの変身具合

シミがあったなんて思えない!!

 

色褪せてしまったカーキのボトム


続いては写真泣かせな色褪せボトム。

 

 

 

 

めちゃくちゃ分かりづらいですが手前がちょっと赤み掛かってるのが分かりますでしょうか??

 

肉眼で見るともっとはっきり分かるんですけどね・・・。

 

 

こっちはシミと違って「こういう加工」と言い切れなくもないんですけどね。

 

せっかく送料掛けて送るので一緒にやってもらったわけです。

 

その結果がコチラ

 

 


こちらも元の色が完全に消えた黒になりました。

 

 

生地感もアップで見るとこんな感じ。

 

 

 

両方とも漆黒加工と言う名のごとく写真では伝わりにくいんですが、何とも言えない深みのある黒です。

 

染め前と染め後の両方を知ってるからこそ得られる感動

 

 

 

漆黒加工の出来具合などを細かく見よう

本体は漆黒に、ステッチはそのままに

サイトの注意書きにもありますがステッチが染まらない可能性がかなり高いです。

 


ほぼすべてのステッチ(縫製糸)にポリエステルが使われているため、元々の色合いを残します。

 

 

今回の場合シャツやボトムは本来ステッチが目立ちにくいように生地と同じ色合いでしたが、本体が漆黒になったことで一気に目立つようになりました。

 

 


特にシャツの方はちょっとレトロなベースボールシャツっぽい雰囲気へと大変身しましたね。

 


逆に言うと元々ステッチが黒だとホントに真っ黒になりますので、あえて刺繍糸がカラフルな物を選ぶと色のメリハリが出てキレイな気がする?

 

ボトムもステッチは元の緑系のカラーがそのまま残っています。

 

 

黒のボトムは売られてるけどステッチが緑でちょっと目立つボトムってそんなに見かけないので面白いアイテムに生まれ変わりましたね。

 


何気にジップ部分がポリエステル素材で作られているのでここは完全にカーキのままです。

 

色落ち・色移りの心配は?

一日ボトムを穿いて普通に仕事などしましたが擦れることで色移りした!とかは無かったです。

 

あくまでも染め直しなので最初の1、2回の洗濯は淡色とは分けた方が良い・・・とのことです。

 

 

白と一緒に洗濯したらセルフ染め直しになりそう・・・

 

 

結果漆黒加工は大満足のサービス

最後にお金の部分を洗いざらいお伝えして締めたいと思います。

 

掛かった金額の総額は9,058円

京都紋付からの請求は公式からの見積もりをそのまま持ってきました。


見積日:2017?731

----------------------------------------------------------------------
御見積合計金額:\8,208
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
商品コード:00500
商品名:451500 黒染め+深黒 綿パンツ
数量:1
単価:\3,900
金額:\3,900
----------------------------------------------------------------------
商品コード:00200
商品名:151200 黒染め+深黒 麻シャツ(縫製糸:白糸)
数量:1
単価:\3,000
金額:\3,000
----------------------------------------------------------------------
商品コード:000999
商品名:2点目割引き
数量:1
単価:\-250
金額:\-250
----------------------------------------------------------------------
商品コード:99999-20
商品名:代引き手数料
数量:1
単価:\300
金額:\300
----------------------------------------------------------------------
商品コード:000810
商品名:(※)送料
数量:1
単価:\650
金額:\650
----------------------------------------------------------------------
< 税抜合計金額 >?\7,600
< 消費税 >?\608
< 合計 >?\8,208

 

 

前回の記事で測ったよりボトムがすこし重い判定ですね。

料理用スケールで測った結果がシャツ→151~200g、ボトムが401~450gでしたが、見積もりはボトムが451~500の判定。

 

 

2点目からはすべて加工料が250円引きとなりまして、代引きのみの受け取りなので手数料300円が掛かっているので総額8,208円。

 

そこに行きの送料がギリギリ80サイズで850円を加えて9,058円と言う結果。

 

 

※8月分から帰りの送料が変わってますのでご注意ください。

東北→1,200円

北海道・沖縄→1,400円

それ以外→900円

 

大人のリユース・リサイクル

ユニクロとかで買いなおした方が断然安いですが、愛着のある服をこんなに見違えるように生まれ変わらせてくれるなら安い物。

 

費用こそ掛かりますが日本古来の技術を味わえるちょっと大人のリサイクル。 

 

 

もし機会があればまたリピートしようと思います!

 

 

今回利用した京都紋付の染め直しはこちらから

株式会社京都紋付|洋服の黒染め・染め替え・染め直し

 

 

 

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com