読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。基本毎日更新を目標。

静電気の対策 グッズ不用です。

日常 お役立ち記事

寒くなりましたなぁ(´・ω・`)
もうすぐ冬の季節ですなぁ(´・ω・`)
1か月半ほどでですなぁ(´・ω・`)

https://www.instagram.com/p/xStzphyhPc/

 

………さ、寂しくなんか……
な、ないんだからね(;ω;)

 

冬と言えばニットとかフリースとか。
けどアレ着るとヤツが来るんですよね…

 

バチッ!と来る静電気。

 

一足早く簡単に出来る静電気緩和策をご紹介。
除去グッズは使いません(´・ω・`)

 

静電気のメカニズム


その前に静電気が起きる理由は
体や物にたまった電気が行き場を無くして滞留。


その状態で何かに触れようとして
電気が移動できる所を見つけると
バチッ!となるわけです。

 

販売員やってた頃には冬は怖い季節。
商品もそうですが、吊ってる金属のバーとか…
極力触りたくなかったです(´・ω・`)

 

★ 地球は友達


外にいる時は金属類を触ったりする前に
地球を触りましょう。


地面に触れることで電気が逃げていき
静電気が来る確率がグッとさがります。

 

★ どこでもドア


室内の時は地面に繋がっているところ
壁やドアを触りましょう。
これも静電気を逃がす役割があります。

 

★ 鍵も友達


車や家の鍵を先にドアノブや鍵穴に触れさせましょう。
これが一番効果的。

あんまり指先と近いと静電気を食らうので
出来れば大き目の鍵で。

 

★ 手のひらを金属に


恐る恐るで指先から触れると
静電気の餌食です。


思い切って手の平からガシッと行きましょう。
手のひらの方が痛覚が少ないので痛みが感じにくいので。

★ 静電気を溜めない


どうしても重ね着の季節なので着こみますが
素材を考えて重ね着しましょう。


最悪なのがウール×ポリウレタンなどの組み合わせ。


こちら静電気がめちゃ起きやすい
コーデとなっております(´・ω・`)


色々相性はありますが
天然繊維(綿、ウール、シルク)が一番起きにくいです。
逆に化学繊維(ポリエステル、ポリウレタン)は
起きやすいのでこれらを組み合わせると発電機です。


近所は極力インナーは綿素材を着て
アウターでダウンなどを使ってます。


化学繊維、ダメぜったい。
(と言ってもダウンの外側は化学繊維ですが)


良くあるアクリルのニットなんて
怖くて着れません(´・ω・`)

 

★ 加湿大事


風邪予防でもおなじみの加湿は
静電気にも予防になります。
夏場に静電気が起きにくいのはコレ。

 

★ 結論


まとめると
部屋を加湿して服は極力天然繊維を着て
金属に触れる前は地面や壁に触れ
手のひらでガッと行く。


そもそも溜めない…
いや、発生を抑えるにはどうすればいいのか。

 


そもそも大きな要因は服がこすれることにより
摩擦帯電が発生する点と
それを逃がさねばならぬのに
ゴム底の靴を穿いて遮断してしまっている…


と言うことではないだろうか。

 

 

 

つまり最強の防衛策


それは

 

 

 

 

 

全 裸

(紳士の嗜み)

 

 


衣類が無ければ摩擦も起こるまいて。

 

 

仮に帯電したとしても素足で大地を踏みしめれば
それだけで電気を逃がせる…。


まさに静電気の対策にはマスト!

 

 

 

 

…(´・ω・`)
スイマセン。これがやりたかっただけです。


仕方ないじゃないか。
重ね着のあたりで思い付いてしまったんだもの。

 

オチはふざけてますが情報は本物です。
販売員時代に実際にしてたのでお試しあれ。

 

 

 

あ、これらは自分が出来る防衛策です。


たまにありますよね。
人と触れた瞬間に来るヤツとか。
アルミ缶持った時とか。

 

自分ではなく触れた相手が帯電していて
自分に向って放電された場合には
甘んじて受けるしかありません。

 

アレばっかりは相手が対策してくれてないと
どうしようもない…(´・ω・`)