近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。

近所の気ままなゆるブログ

プリズンアーキテクトはStremで購入すれば日本語化もMODも簡単!

どうも。ゲームは起動するまでが億劫な近所です(´・ω・`)

 

以前2003年のPCソフト「シムシティ4」をご紹介しましたが、今回は比較的新しいPCソフトの「プリズンアーキテクト」の紹介。

 

シムシティより知名度はありませんが、一時期話題になったので知ってる方もいるかもしれませんね。

 

 

 

 

プリズンアーキテクト(Prison Architect)とは

 

直訳すれば「刑務所建築家」

 

文字通り刑務所を作っていくゲームです。
と言っても作って終わりではなく、シムシティ同様に経営をしていかなければなりません。

 

 

刑務所って経営って言うんか?

 

 

それについては海外のゲームだからでしょうか。

 

日本では民間の刑務所と言うのは数えられる程度しかありませんが、海外では民間刑務所は多くはないですが実在しています。

 

 

このゲームでも同じく民間刑務所みたいなものなので、経営方針や規律などはある程度自由です。

 

シムシティと同じくクリアと言うのが無いので、続けようと思えばいくらでも続けられます。

 

適正な運営で株価を上げるもよし、どこまで受刑者を詰め込めるか試すもよし。

 

 

シムシティと違って隣のマップにもう一個とかできませんが、資金を使って周りの土地を買って拡張できるのでドンドン大きくは出来ます。

 

また刑務所の株を売っぱらってその資金をもってまた最初からスタートも出来ます。

 

 

あ、安心の日本語対応なので起動してオプションにさえ入り込めればすぐ遊べます。

 

日本語化のやり方は左上の家みたいなマークを開くとメインメニューが出るので

  • 日本語化MODの場合エクストラ→MODから入れたMODを選択。
  • またはオプションから言語(language)から日本語(Japanese)を選択

※すでに日本語化MODを適用しているので日本語です。

日本語化MOD以外にも適応したいMODがあればここでチェックボックスに×を入れて適応すればOK。

 

 

ちょっと表現がおかしいのと所々未翻訳なのはご愛嬌

 

 

刑務所の運営方針もプレイヤー次第

民間だから(?)かなり自由に運営方針を振れます。

 

更生のために技術や一般常識などの教育を施したり、刑務所内で働かせて自立の一歩を進める設備の充実を計る。

 

逆に人権なんて一切無視。最低限の食事と拘留を繰り返す。

 

と、180度異なる経営方針で運営ができます。

 


囚人には様々な欲求があるので、それを満たすように運営していくのか、そんなもん武力行使で押さえつけるのか・・・・。

 

欲求には睡眠・食事・娯楽・清潔・宗教などなど様々で、欲求が爆発するとケンカや反抗を起こします。

 

 

まぁ、それすらも武力で押さえつけられるんですけどね

 


ただし下手すると穴掘って脱走とか、暴動を起こすとか取り返しのつかない事になる可能性もあります。

 


各欲求に関連する施設や時間を用意すれば自ずと欲求は満たされます。

 


睡眠であればちゃんと長時間取るとか、食事なら食堂を作るとか。

 


宗教の欲求とかがあるあたりさすが海外のゲームですね

 


もちろんこちらも欲求なんて完全無視の設定も出来ます。
1日のスケジュールは睡眠2時間、食事1日1食、あとは労働で埋め尽くす!

 

と言う恐ろしい設定も可能。

 

 

おいこら!暴動起こすぞ!

 

あ、反抗的態度取ったら懲罰房24時間の罰だから

※ベッドもなく看守が絶えず監視してる監禁部屋

 

 

 

・・・え?あの・・・人道的な解決は・・・

 

 

武装警備員全員に発砲許可も出すからね

 

 

・・・・・・・・

 

 

万が一暴動が起きたら機動隊を投入して殲滅してもらうから

 

 

もうどっちが悪か分からんなコレ・・・

 

 

 

しかし囚人側も割と悪で、労働の際に使う工具や洗濯に使う劇薬、医務室の注射器などをコッソリ盗み出して脱走やケンカに使う事もあります。

 

また欲求をすべて満たしていてもストレス解消でいきなり看守に攻撃を仕掛けてきたりするので鬼畜な設定も心気無く出来ます。

 

 

また武器や薬品などは金属探知機や定期的な抜き打ちチェックで防げます。

 

 

抜き打ちが定期的とか言うホコタテワード

 

 

 

真っ当に人道的な解決をするのか、ゲームだからと鬼畜になるかはあなた次第。

 

この他にもギャングとか施設の温度の概念(低いと不満がたまる)など難易度も自分で変更できるので、簡単そうに見えて実はとっても奥深いゲームです。

 

ゲームオーバーは資金が底を尽きた場合ぐらいで、難易度を変えれば死者多数や脱走者多数でゲームオーバーにも出来ます。

 

 

 

見た目はゆる系、中身はややリアル


今回もシムシティと同じくプレイ画面をどうぞ。

 

※ビッチリ詰め込み型の刑務所(敷地の1/3ぐらい)

 

※囚人お仕事中(床が汚いのは気にしない)

 

あの・・・トイレ丸見えなんですが・・・

 

 

こうしてても失禁するから仕方ない(床の汚れがそれ)

 

 


囚人の見た目は先ほど吹き出しにもあったレゴとかパワプロ君っぽい簡単で取っ付きやすいデザイン。

 

しかし上で出たケンカとかになると普通に流血表現があるので苦手な人はちょっと厳しいですね。

 

 

チュートリアル(ゲーム内ではキャンペーンと言う名前)も任意であるんですが、見た目の雰囲気とは裏腹にやたらリアリティあるアメコミ風の差し絵が登場します。

 

 

コレがまたちょっとグロいから困る

 

 

そこで刑務所運営についての基礎を体験するんですが、ホントに上辺だけをサラッとやるだけなので、何もない1から運営モードだと戸惑うかもしれません。

 

っていうか戸惑いました

 

 

チュートリアルは元から建物ありますが1からモードだと建物など一切ないからね・・・。

 

建築や備品の設置には資金が必要なので、設計図のように壁の位置や備品の位置などをマップ上にマークすることも出来ます。

 

 

ほら、几帳面だからこういうのキッチリやらないと気が済まないんだよね

 

・・・・どの口が言うとんねん

 

 

また、作った刑務所に自分が囚人として入り込み、脱走を企てるという遊び方も出来ます。 

 

また、シムシティ同様にMODも色々あるので楽しめます。

 

※クリスマスMOD

 

 

パソコン版とPS4、XBOX版があります 

近所は開発段階から遊んでいたのでパソコン版を持ってますが、今は製品版となっていてPS4版やXBOX版も出ています。


と言っても据え置き版は海外版のみなので、日本語で遊びたい場合はPC版のみです。

 


PC版はSteamで販売されており、色々種類があるんですが遊ぶだけなら2,980円のstandard版で十分。

 

それ以外のお値段の高い物はサウンドトラックが付いてるとか、オリジナルキャラをゲーム内に登場させられるとかの特典が付いてます。

 

 

今使ってるノートでもサクサク動きますし要求スペックもそこまで高くないので、ゲーミングPCとかでなくても問題なく遊べます。

 

 

今のところ1000人とかぶち込んでますが問題なく動いてます。

 

 

シムシティとかFF10では割とよくゲームが落ちてましたが、コレに関しては一切ありませんので快適。

 

気になった方は是非プレイしてみてね。

熱中すると1日がすぐ終わるから困る。

 


↓ Steam版購入先はこちら ↓

store.steampowered.com※定価は2,980円ですが、たまにセールしてます。

 

 

↓ 英語でも出来る猛者向け据え置き版 ↓

 

 

 

 

 

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com