近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。基本毎日更新を目標。

親不知を抜く際に実体験したこと

親でも分からないから親不知。

どもども。親知らずを下2本放置している近所です(´・ω・`)

 

と言うか手術を(勝手に)諦めたと言う方が正しいかな。

上側は素直に生えてて簡単だから。と抜いたんですが
下側は横に生えててどうしても無理でした。

 

上の親不知は虫歯になったので抜歯しました 

人によりけりですが下の親不知はあごの骨に近いことが多く骨も堅いので苦労しますが

上の親不知はそこまで骨が固くなく麻酔も効きやすいので下に比べると楽。

 

あくまでも「下に比べると」であって奥歯なのでキツイのはキツイですけどね。

 

上の親不知は虫歯になったので抜いた方がイイよとのことで抜きました。

幸いなことにまっすぐ生えていたのですんなり。

 

1、麻酔をかけて

2、歯をペンチで掴んで

3、渾身の力で引き抜く

 

それこそグリグリと引き抜くので歯根がメキメキ言うてました。

麻酔のお陰で全然痛くないからなんか不思議。

 

抜歯後は意外と余裕

麻酔が切れると痛むよ。と言われていたんですが30分経っても特に痛くない。

 

HAHAHAHA!余裕やん!

 

 

とそのままショッピングに出かけましたが

うろうろしてる間に徐々に違和感。

 

あ、あれ?なんか・・・じわじわと・・・・・・

 

途中で切り上げて帰りましたがうずくような痛さではありませんでした。

 

食事は強く吸い込むもの・固いもの・歯に詰まるもの禁止

早い話が

「うどん」「おかゆ」あたりがベター。

 

ゼリーも推奨されますが強く吸い込むタイプだと

抜いた後の傷をふさぐ物まで吸い込んでしまう可能性があるので要注意。

 

基本的に抜いた方の歯ではない方で咀嚼してください。

歯磨きに関しても抜いた方の歯の側はあまりしないように。

 

抜いた後の腫れはそこまででもなかったです。

 

下の親不知は放置中(現在も)

大学の時にあまりに下の親不知が痛くて
話も出来ないぐらいになり我慢できなくなったので
歯医者さんに駆け込みました。


レントゲンを撮って原因判明

まず下の親不知は両方横向きで半分以上埋まってる。

さらに親知らずが歯肉を突き破って出てこようとしてる

と言うのが原因でした。

 


うん。そら超痛ぇわな。
通常麻酔かけてやるようなことを
麻酔無しで徐々にやられてるんだから(´・ω・`)

 

ちなみに見えてる部分は横っ腹だけです。


まぁ…この時点で歯医者さんで既に
ウッ…( ;ω;)となってますが


歯医者さんがめちゃくちゃ手慣れた手つきでこう続けます


歯「んー。とりあえず腫れが引いたら切開して抜いちゃおうか
横向きに生えてるから歯を砕いて削ってキレイにするわ」

 

歯「あ、でもちょっと神経が近いんだよね・・・。分かる?ここ。コレが神経なんよね~。」

 

近「(´・ω・`;)ハ・・・ハヒ…」(既に怪しい)


歯「まぁ…この距離なら大丈夫だとは思うんだけど、
万が一神経と歯根が近すぎてダメージ受けると一時的に麻痺するかもs・・・」

 

(歯 ´゚Д゚)!?

 

※ただいま絶賛過呼吸中。

 

歯「わー!!袋!袋持ってこい!早く!!」


看「袋!袋!あー!これじゃ小さい!!!(薬入れる用の袋)」

 


落ち着いたところで歯医者さんが疲労感たっぷりに


歯「・・・うん。ここで手術は辞めた方が良いな…。紹介状書くから総合病院行って全身麻酔でやっといで…」


とりあえず痛み止め塗って貰い、紹介状を頂きました。

その紹介状は大学病院とかそういうクラスの口腔外科+麻酔科のあるような病院。

 

抜歯の手順をまとめると

麻酔をかける→歯を砕いて取りやすくする→残ってる歯を取るために歯茎を切る

→残った歯の破片を削り取る→縫合して終了

歯医者さんだとこれを意識がある状態で行います。

 

総合病院で麻酔してもらう場合全身麻酔なので知らぬ間に終わってます。

 

母親が下の歯を手術で切開して抜きましたが腫れは凄まじいことになってました。

おそらくこれもトラウマの原因の一つ。

 

 

知り合いの歯医者勤めの看護婦さんに聞いてみた


近「歯医者さんで過呼吸なる人っておる?」


*「おるよ?治療の機材とか音聞いたらダメだったとか」


近「治療前にレントゲン見ながら手術の説明中になった人は?」


*「(ヾノ・∀・`)ナイナイ」


近「(´・ω・`)」

 

昔から「流血」や「臓器」が苦手


その原因の一つが
「想像し過ぎてしまう事」


し過ぎてしまうと言うか勝手に出てきてしまう…
と言う感じでしょうか。


例えば骨折とかだと

本来繋がってるはずの骨が折れたら
鈍い痛みが走って・・・とか

もうこの時点で膝がぞわぞわしてます


別にドMだから想像したくてしてるわけじゃなく
言葉で説明するのも難しいんですが


勝手にそういう絵面と言うか…状態が
頭の中に浮かんできてしまいます。


言葉を聞くのと同時に出てくる感じですので
防ぎようもない・・・。


脳内補完の能力が半端ねーです。


近所の前ではモザイクなど無力。
救命救急24時とか見れません。


既にここまで書くのでもこの記事全部書き終えて

なんかいろんな場所がもぞもぞしてる。 

加えて超心配性な性格


幸運なことにこれまで入院クラスの怪我や病気は
掛かったことが無く


過去最高レベルの怪我が
小学校の時にクソ重たい古いミシンが足の親指に落ちて
爪がバッキリいった位。

 

あーぞわぞわする


手術と言う響きが初めてだったので
親知らずの抜歯ってどんなことするんや・・・
と調べたのが終わりの始まり。


検索したら普通に動画で出てくるからビビる。
※心臓の弱い方は検索 ダメ ぜったい。

 

(近 ゚Д゚)<・・・・・・・・・・・・・・ヴォェッ。
↑過呼吸寸前

アカン。こんなん絶対アカン。


ちなみに全身麻酔は普通の手術とかでやるような麻酔。
一応意識飛んでる間に終わるそうですが。


そういう状態なので帰りは自分で運転して帰るは不可。
1泊入院を推奨されることもあります。

 

紹介状を手に大きい病院へ


あんな動画見たらもう怖すぎるわ…
とは言え…紹介状も貰ったし行かんわけにも…。


と数か月葛藤しまして。
(※既に痛みは引ききってます)


意を決して紹介状を頂いた総合病院のHP見て歯科がやってる日と
自分の休みがちょうど重なったので
紹介状握りしめ手に汗かきながら行くことにしました。

 

た…たのもー!!


*「申し訳ございません。本日先生が学会出席のため歯科は受け付けてないんです…」


この時。近所の中で何かが崩れた。


もう一度自分を奮い立たせる気力はもはや残ってません。
こ、これは抜くなと言う運命なんだ。
うん。そうだ。そうに違いない。

 

そんなわけであれから10年近く経ちますが
今も近所の下の親知らずは鎮座してます。
※残すメリットはあまり無いので抜いたほうがイイらしいです。

 

え?抜かないのかって?

・・・完全に心折れてるのでどうしてもと言うことにならん限り

おそらく抜くことはない…。

 

とりあえず出来ることは虫歯にならぬよう歯磨きを気を付けるぐらい。

www.kinjyo8835.com

 

 

www.kinjyo8835.com

 

 

www.kinjyo8835.com