近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。

近所の気ままなゆるブログ

【祖先はカッパ!?】手に水かきがある人間のお話

どうも。祖先はカッパで疑わない近所です(´・ω・`)

 

きゅうり好きだし。手に水かきあるし。流石にボディは緑じゃないけど間違いないと思うんだ。

 

そんなわけで本日はひっさびさにどうでも(?)いい雑記をネタ感たっぷりでのんべんだらりと繰り広げます。

 

 

あ、水かきの写真あります。
血とかそういうスプラッタ系は出ませんが、人によれば違和感あり過ぎてぞわぞわするかもしれませんのでご了承ください。

 

 

 

 

手に水かきがある人間


そもそもコレがパワーワード過ぎて内容が入ってこないと思うのでどういう人間か画像をご覧ください。

 

 ※お目汚しすみません

 

 

まー!見事な「水かき」ですな!

 

カッパがブログをやってると聞いて

 

 


こんな奴おるんかな?と検索してみると少なからずいるみたいですね。
2014年の2chまとめ記事はありましたし。

 

第二関節ぐらいから水かきが広がっています。

水泳をやってる方は適応するための進化なのか水かきが発達してくるとも言われます。

 

 

今20Mも泳いだら全身吊る自信がある

 

 

確かに子ども(小学校前)にスイミング習ってましたがそんな発達するほどやってないし。

 

そもそも発達してる人はイアンソープ選手などのオリンピック選手レベルの方々

 

小学校の授業か何かで「手の輪郭を鉛筆でなぞる」をしたときに初めて自分以外には無いと知りました。

 

 

ちなみになぜか両手の薬指と中指の間にだけあって、他の指や足には無い。

 

 

カッパの他に水かきがあるのは「奈良の大仏様」


奈良の大仏を拝観に行った方でも気づかない人も多い超雑学。

 

 


実は奈良の大仏には水かきがあるんです。

 

 

 

一つは「苦行を乗り越えた証」

悟りを開く為には数々の苦行を乗り越える必要があり、その一つに大海原を泳ぎ切る。それを超えた証として水かきが現れた。と言うもの

 

 

もう一つは「一人でも多くの人々を救い上げるため」

手のひらだけでは隙間から救い上げられない人が居るかもしれない。なので水かきが現れて一人でも多くの人を救い上げている。と言うもの

 

 

水かきがある事のメリット・デメリット

メリット

飲み会ネタには困らない鉄板


場が落ち着いたときに「なんかないんか!」って言われたときに役立ちます。

 

・・・・・・・・それ初回だけじゃね?

 

 

ブログにネタになる

 

カッパがブログを(以下略

 

 

 

泳ぎは速いかも知れない


本来オリンピック選手レベルまで水中で活動して得られるものを最初から持ってると言うある意味天性の才能。

 

今やったら河童の川流れ不可避

 

 

デメリット

手袋が痛い

根元までピッタリ包んでくれる手袋。
アレが痛いんですわ。1日中手袋とか無理ですね。

 

水かきがある人用の手袋の開発を希望する!

  

ケガする


水かきにも血管も神経も通ってるらしく紙で切ったら普通に痛かった。


絆創膏はったらなんか奇妙な感じに。

 

 

人より指が狭いのでピアノなど楽器が不利

これは割と真面目なデメリット。
ピアノだとかギターだとか指先を開いて演奏する物だと指が届かないとかもある。

 


パソコンのタイピングもやや不利・・・・・らしい。

 

 


ドカベンの殿間が「演奏に不利だからと指を切って開いた」エピソードは有名でしょう。

 

 

自分は聞きはしますけど演奏しないからいいけども

 

指輪が出来ない

これも結構真面目なデメリット。

 

薬指に光るエンゲージリングは斜めにしかできません。

まだエンゲージリングで困ったことないけど。

 

 

 

と、9割方デメリットしかない。

(人によっては100%デメリット) 

 

 

医学的見解

高校生の時成長痛が激しくて病院に行った際ついでに相談しました。

 


その時の先生の表情が漫画でよく見る

 

( ゚Д゚)

 

だったのは今でも鮮明に覚えてます。

 

 

元々人間は胎内では水かきがある

本来は退化と言うか進化して手の形になっていくんですが、どういうわけかそこが残ったようです。

 

ただ先生も目を見開くレベルで珍しい事は間違いなく、実生活ではさっき出たようなレベルの不都合が出ます。

 

 

手術して何としても除去しないといけない!と言うものでは無いそうで、不都合が出たら考えてもいいんじゃない?と言うレベルでした。

 

 

 

 

※ 補足 ※

調べると似たような状態で「合指症」というものがあります。

これは水かきではなく完全に融合した状態の事を指す様です。

この場合は実生活はもちろん、成長にも支障が出るので発覚時に手術を行うことが良いようです。

 

 

先生が近所の体に興味津々

 

いやん。えっち!

 

 

おっさん・・・それはさすがに気味が悪いから辞めようぜ・・・

 

 

 

文面だけ見たら良からぬ方向に取れそうですが、実はこの時に水かきと成長痛以外にも関節が柔らかいと言う事実も発覚しました。

これらの合わせ技で先生がすごく興味津々でした。

 

 

 

 

レア度で言うと

関節が柔らかい<<<<<<<<水かき

 

関節の方は少なからずいる(実際芸能人でも何人か見たことある)のですが、水かきについては他に見たことないと言われました。

 

 

関節が柔らかい件については後日、記事にしますのでお待ちください。

 

 

 

実生活はどうなの?

先ほどメリット・デメリットは書いてますが、実際生活してみてどうなのか。。。

 

 

ぶっちゃけめちゃくちゃ困る!!!と言うのは無い。

 

 

車乗り回す前は手袋がちょっと困りましたが1日中使ってるとかでない限りはセーフですし、今となっては手袋を使う事の方が少ないし。

 

 

あと他人の手なんてまじまじと見る機会もないから、誰かになんか言われるとかも無いので基本的に自分からネタにして申告しない限り分かりません。

 

 

まー指輪に関しては、はるか昔にペアリングしたときに痛い目見ましたが(苦笑)

 

 

 

淡い青春の一ページやね