近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。

近所の気ままなゆるブログ

これぞ瀬戸内観光!愛媛県上島町の貸切温泉と展望台が絶景だった!

どうも。瀬戸内県民近所です(´・ω・`)

 

皆さん瀬戸内ってどんなイメージですか?


おそらくですが

  1. 温暖な気候
  2. 海と島
  3. みかん・レモン
  4. 自転車


なイメージではないでしょうか。

 

今回はGWにお邪魔した愛媛県上島町にある、貸切温泉と展望台がある岩城島のお話です。

 

 

 

フェリーでしか行けない!愛媛県上島町の魅力

魅力その1:フェリーで行く船旅

瀬戸内海の島々を結ぶしまなみ海道ですが、あれは瀬戸内海のなかでも特に大きい島しか通っていません。

 

  • 本因坊秀作や村上水軍でお馴染みの因島
  • レモンやみかんで有名な生口島(瀬戸田)
  • は・か・たの塩!の伯方島


これらはしまなみ海道で結ばれているので車や自転車で上陸できますが、それ以外にも魅力的な島々が多数あります。

 

じゃあそこにはどうやって行くのか?と言うと、港から出ているフェリーで行きます。

 

その港と言うのが本州側であれば「因島」「生口島」、四国側であれば「今治」が主な発着港です。

 


今回は尾道市生口島の洲江(すのえ)港からフェリーを使い船旅で上島町へと行きました。


料金は洲江港からであれば

  • 子ども:片道80円:往復160円
  • 大人 :片道150円:往復290円
  • 車  :片道990円:往復1,890円

 

因島の土生港であれば

  • 子ども:片道140円:往復270円
  • 大人 :片道280円:往復530円
  • 車  :片道1130円:往復2,150円

 

※補足※
車料金はデミオ(約3.9m)の料金です。3m未満から料金設定されており1mごとに料金が上がります。

 

 

尾道側からであれば因島の次が生口島ですが、高速料金考えても洲江港から行った方が安かったのでそうしました。

 


車は港に置きっぱなしも出来ますが、岩城島には休日のバスが無い為車が無いと絶対不便なので乗せていきました。

 

まぁ・・・平日でもあって無いようなもんですが 

長江港岩城島線[上島町営バス] [岩城港務所/西部公民館(愛媛県)方面] 時刻表 - NAVITIME

 


ちなみに船旅と言っても広島県側からなら数十分程です。


今治からは車は持って行けませんので四国側から車で・・・と言う方は一度本州側の港まで来る必要があります。

 

 

魅力その2:25の島々からなるミニ瀬戸内海

この上島町だけで25の島々で構成されており、瀬戸内海らしさが溢れています。


道路でつながっている島もあれば、フェリーでしか行けない島もあり・・・。

 


島によって観光スポットもそれぞれなので上島町だけでミニ瀬戸内海のようになっています。

 

 

魅力その3:岩城島が誇る絶景の貸切温泉と展望台

今回は上島町のなかでも陸路では繋がっていない岩城島に行ってきました。

ここには菰隠(こもがくし)温泉と言う施設があり、宿泊もできる温泉施設です。

 


さらに岩城島にある山の頂上には瀬戸内海を一望できる展望台もあり、その周辺には桜の木が植えられていて、春には満開の桜を楽しめます。

 

 

行ったのはGWなのでさすがに桜はありませんでしたが・・・。


それでは早速岩城島の観光をお届けしましょう!!

 

 

岩城島の積善山展望台


岩城島のほぼ真ん中に位置する積善山(せきぜんさん)展望台。


山頂近くまで車で行けるので登山ではなくドライブ気分でたどり着けます。

ただし、そこまでの道のりは非常に狭いので対向車のすれ違いは無理。どちらかが広いスペースまで下がる必要があります。

 

私・・・運転苦手

 

と言う方。ご安心ください。

近所はGWに行きましたが行きも帰りも一切車とすれ違いませんでした。

 

 

対向車が来るのはと言ってもよいでしょう。 

 

 

という事はそこに来る人も少ないという事・・・。

なので山頂の展望台へのルートは割と雑草が生い茂っているので、ちょっと躊躇します。

 

そんな壁を超えた先にある展望台では視界をさえぎる物も無いので360度の大パノラマで思う存分瀬戸内海を楽しめます。

 

 

桜の木は完全に緑ですがこの数なら咲いてたらきれいなんだろうなぁ・・・。

 

 

岩城島の菰隠(こもがくし)温泉

今回の旅のメインは菰隠温泉の貸切露天風呂。


なんと言っても立地が半端ない。

 


「海の目の前」この言葉がふさわしいぐらいで、瀬戸内海を見ながら優雅に温泉に入れます。

 

てなわけで、その貸切温泉の写真をどうぞ

 

2枚目は湯船に浸かって撮影した写真です。

 


貸切温泉と言うと実は景色が微妙とか見にくいとかだったりするところも多い中で、この景色は素晴らしいのではないでしょうか?

 

しかも源泉かけ流しと言う贅沢っぷり。

 

 

ココまで見通しが良いという事は海側からも見放題ですが、自家用クルーザーでも持ってなきゃ覗きなんて不可能に近いので女性もご安心ください。

 

温泉のお湯は無色透明の無臭ですがかなーーーりしょっぱい塩系温泉。

 

 

なお一番風呂はスマホに取られました。※普通に落っことした。

 

 

自然に囲まれているので虫や葉っぱが入り込むのはご愛嬌

 

網や風呂桶ですくってやってください。

ヘリで涼んでいると虫が止まったりもしますのでそういうのが苦手な方は悲鳴を上げるかもしれません。

 

ちなみに羽アリみたいな虫なので刺されたりと言うのはなさそうです。

 

 

あともう一つの欠点と言えばちょっと古めかしい感じで、昔はココがホテルの浴場だったらしく内風呂の衝立などが廃墟感を加速させてます。

 

この辺さえもう少し配慮してくれればなぁ・・・という感じですね。

 

 

 

ちなみにここは温泉施設ではなく旅館なので宿泊もできますし、噂によると部屋からの景色や夕日も絶景だとか。

 

この風呂を見たら・・・泊まりたくもなります。

  

貸切露天風呂のお値段は超お手頃価格!

こんな絶景な貸切露天風呂なんて・・・どうせ結構おたかいんでしょう?


なんて思った方も多いハズ。

 

いえいえ、そんなことはありません!

 

はっきり言ってめちゃくちゃ安いです。

 

1回45分でなんと3,500円


しかもこの値段は「人数」ではなく「1回」での価格です。

 

 

最低でも交通費(船)がどうしても必要なので往復でちょっとお値段掛かりますが、この景色と温泉は払うだけの価値があると断言できます。

 


家族旅行で行った場合、料金の一例でこうなります。
※車はデミオ料金です

 

  • 大人2人(290×2)
  • 子ども2人(160×2)
  • 車(1,890)
  • 温泉(3,500)

総額6,290円

 

 

なお貸切露天風呂の利用には事前予約が必要です。
日帰り予約はじゃらんで出来ます。

 
ぜひ行ってみたい!と思った方はこちらからどうぞ
※貸切露天風呂の時間は7:30~13:45となっています。

菰隠温泉貸切予約

 


旅館への宿泊の場合楽天トラベルが対応しています。
宿泊希望の場合はこちら
(※宿泊者の場合2,500円で貸切温泉が利用出来ます)

 

あ、フェリー+車以外にもここに来る方法あるよ!

 

え?あったっけ?

 

自家用艇なら宿泊者は無料で桟橋が借りれるそうです

 

・・・・さすが瀬戸内海

※送迎バスもあります(要予約)

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

 

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com