読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。基本毎日更新を目標。

ダウンジャケットのコーデはこんな着こなしでどうかと提案してみる

ファッション 日常-小ネタ 日常

どうも。アパレル業界に居るので反応した近所です(´・ω・`)

 

www.tantandaisuki.com

 

www.amanatusauce.com


お二方の記事を拝見させてもらいまして。


もんのすごいざっくり言えば
「機能性あるけど不要だし何よりダサく見えるよね」
と言う事でした。

 

こんな投稿を目にしたので
せっかくならアパレル業界目線で言ってみようと思います。

 

こう見えても元販売員で表舞台に居ました。
今も販売に関わっているので
今日はガチ記事です。

 

 

ダウンジャケットとは本来は本気の防寒着

 

本来ダウンジャケットは寒冷地での作業着と言う位置づけ。

ファッション性よりも機能性を重視したアイテム。


今だと中身はポリエステルだったりなんやかんやですが、
本来は寒い水上で生活している水鳥の羽毛を使って

保温効果の高い物がダウンジャケットです。


ボンレスハムみたいに段々になってるのも
羽毛を均等にして保温効果を最大限に引き出すため。

コレが無いと動いてる間に羽毛が偏ってしまいます。

 

羽毛布団とかの区切りもコレが目的。 

ついでに表面がナイロンでテッカテカなのは汗などの水分を放出するため。


記事中にあった「アイスクライマーがイメージされる」
と言う表現はダウンジャケットとしては大正解なんです。

 

似たようなルーツの物はたくさんある

今やファッションに欠かせないデニム

あれも元は炭鉱で作業する人のために

リーバイスの創始者が頑丈で使いやすい物を!
と言うところから始まった物です。

 

有名ですがバックパッチのツーホースマークは

馬2頭で引っ張っても千切れませんぜ!と言うアピール。


作業着の面影として右前ポケットの上にある小さいポケット。

これはコイン(ウォッチ)ポケットと言って初期は懐中時計を入れてましたが
腕時計の普及でコインを入れるように。


炭鉱の作業に財布なんて持ってけないからね…。
こんな風にちゃんと意味があってついてます。


この辺やったらエライ事なりそうなので
ネタが無くなったら需要があればやりましょう。


そんな作業着が今ではファッションアイテムとして君臨してます。


このご時世にコインポケット超使えるわー!って人あんまりいませんよね。

 

それから今絶賛流行中のMA-1


これも元は空軍のユニフォームです。
機器類に当たらない様に表面はシンプルにまとめたデザイン。


高度が上がると服の水分が凍るので
極力水分を含まないナイロン製で出来ています。


表が緑なのは地上に降りた時のカモフラージュで
裏がオレンジなのは裏返して着て救出部隊に発見しやすくしてもらう為。

そう。本来MA-1はリバーシブルなんです。

今やMA-1の裏地は色々ですけどね(´・ω・`)

 


これも街中でプロペラ機乗るからMA-1着てるんだ!
なんて理由で着てるなんて人いませんし
ヘタしたらルーツやディティールの理由すらも知られてないかもしれません

 

ぶっちゃけ販売員でも知らんのちゃうか・・・

 

ダウンにも種類がある

ファッションアイテムに変化したダウンは種類も様々。

 

最近ではインナーダウンが登場。
文字通りアウターの中に着るダウン。


コートなどの下にも着れる薄手のダウンで
ここ数年秋冬に人気が出ています。 

www.kinjyo8835.com

 

テーラードやミリタリージャケットの下に着て
パッと見はコートだけど中は暖かと言うやつ。

 

その他にはダウンベストやテーラードダウンもあります。

 

もうこの辺までくると本来の意味合いは残ってないですね…。

 

 

ダウンジャケットの着こなし ~メンズ~


先にメンズ向けの着こなしですが結論を言ってしまうと
オシャレに見えるのはお二方の言う通りコートとかです。

https://www.instagram.com/p/wJkkeMyhMa/

あれは元から「じぇんとるまん」が着るような
れっきとしたファッションアイテムなので。

 

それでもダウンの温かさには勝てない!
ダウンを着たいんや!!ってことで
あえてダウンをおしゃんてぃに着こなす方法。


良くやってしまいがちなのがダウンジャケットを
「ゆるくルーズに着る」


中に色々着るんだから大きい方が
ゆとりがあって着心地いいじゃん方式。

 

これすると元々ボリューミーなダウンなので

すごいバランスになります。

あえてボトムもワイドにしてバランスを取るのであればまた違いますが

自分は痩せ体系なので100%似合いません。

 


実は羽毛と羽毛の間に暖かい空気をため込んで
防寒するアイテムなのでピッタリフィットな方が暖かい。


なので可能ならばジャストフィットがちょうどいい。


あのボンレスハムみたいなの何とかして!
と言う方は素材を選びましょう。


ユニクロのウルトラライトダウンとか
ナイロン素材はテッカテカ感が
区切りの凹凸をよりはっきり見せるので敬遠したいところ。


最近ではコットン系の表面で
中身がダウンと言う物も増えてきています。
そういうものをチョイスするのが手っ取り早いですね。 

www.kinjyo8835.com

 


もしウルトラライトダウンとかを着るのであれば
明るいカラーをチョイスして
インにパーカーのフードを出して着るなど
カジュアルなエッセンスを入れると軽減されます。


あ、もちろんコンパクトな着こなしは鉄則です。
ボトムはレギュラータイプがおススメ。
スキニーだとダウンのボリュームが目立ちますし
ルーズだと全体的にデカく見えます。


メンズでもロング丈ダウンとかもありますが
割とハードルが高いのでおススメはしません。


やるならスキニー+ローファーなどトラッドにまとめて。

 

ダウンジャケットの着こなし ~レディース~

 

レディースでは個人的におすすめしたい
ダウンはワンピ丈ダウンですね。


ワンピ丈だとスカートやショートパンツとも相性が良く
もちろんデニムもOKと幅広く使えます。


特にウエストマークできる物だと
脚長効果でメリハリも効くのでオシャレ感UP。


男性では真似できないスノーホワイトをチョイスすれば
ちょっと可愛さもある大人っぽいダウンコーデが出来上がり。


逆に黒をチョイスすればスパイスの効いた
シックな大人スタイルになります。


着方を一歩間違うと
スポーツの監督ですか?(´・ω・`;)になるので要注意ですが。

 

通常の丈のダウンではメンズと同じ感じで。

コンパクト丈でレギュラーストレート。

もしくはスカートがマスト。

 

とは言えスタイリッシュ差ではコート類には勝てませんけどね。

 

 まとめ

・ダウンは元々ガチ防寒着

・デニムやMA-1も元はファッションアイテムではない

・ダウンはジャストサイズが鉄則