近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。

近所の気ままなゆるブログ

auの新料金「ピタットプラン」「フラットプラン」はホントにお得か徹底試算

どうも。スマホが終わりを告げました。近所です(´・ω・`)

 

ガクッと減るのはまだ分かるけど充電もなしに急激に回復するとか意味わからん・・・・

 

 

そんなわけで4年近く使ってきたスマホに別れを告げ新スマホにしました。

今CMやってるAQUOS Rです。 

www.kinjyo8835.com

 


 

今回は機種変更に際しプランをめちゃくちゃ試算したのでまとめます。

このプランならauショップの店員さん並みの解説が出来る自信がある。

 

※途中表を多く使ってますのでPCなど大きめモニター推奨です。

 

 

 

auの新プラン月1980円~のピタットプラン

結論から言うとこの月1980円と言う金額になるには条件が色々あってそれを全て満たす必要があります。

 

条件 誰でも割適用

誰でも割は2年契約する代わりにプラン料金が安くなります(月1,200~1500円)

2年毎に自動更新だと1,500円。最初の2年だけだと1,200円の割引です。

途中解約は違約金9,500円が発生します。

 

旧プランも誰でも割適用が前提条件ではありますし、元々あった契約条件なのでここはそこまで酷い条件ではありません。

  

条件 契約から最初の1年間のみ

ピタットプランを契約した後の1年間が1,000円引きとなります。

2年目からは自動的に1,000円上がった金額となりますので2年目は最低でも2,980円となります。

 

しかもこの1,000円引きは今年中に契約した場合のみ。

来年もこの1,000円引きをやるかは書いてません。

 

これがまず最初に「え?」ってなるところ。 

 

条件 月の通信1GB未満

 月1GB未満だと2,980円の通信料が1,000円引きになり1,980円となります。

 

以後、通信量が上がるごとに値段が上がっていきますので、1GB未満の方は1,980円となります。

 

wi-fiしか使わない人なら出来るはず。

  

こんな感じで1,980円になるのは期間限定なうえにかなりハードな設定です。

 

※公式サイトから拝借 

 

auの新プランの簡単な料金形態説明

 

今回の新プランはデータ通信と通話の組み合わせです。

 

通話プラン 

  • 話した分だけのシンプル
  • 国内通話5分以内無料のスーパーカケホ(+500円)
  • 通話時間無制限のカケホ(+1,500円)

 

データ通信プラン

()内は通話がシンプルプランの値段です

 

  • 1GB~段階であがるピタットプラン(2,980円~)
  • 20GBまで通信しまくれるフラット20(6,000円)
  • 30GBまで通信しまくれるフラット30(8,000円)

 

 

この組み合わせなので例として20GBのスーパーカケホなら

6,000円+500円で6,500円が基本料金です。(1年目は1,000円引き)

 

 

分かりやすーい(自称)表を作ってみました。

シンプルプラン スマートバリュー未加入
通信量 1年目/月 1年目/年 2年目/月 2年目/年 2年総額
1GB未満 ¥1,980 ¥23,760 ¥2,980 ¥35,760 ¥59,520
1~2GB ¥2,980 ¥35,760 ¥3,980 ¥47,760 ¥83,520
2~3GB ¥3,980 ¥47,760 ¥4,980 ¥59,760 ¥107,520
3~5GB ¥4,980 ¥59,760 ¥5,980 ¥71,760 ¥131,520
5~20GB ¥5,980 ¥71,760 ¥6,980 ¥83,760 ¥155,520
フラット20 ¥5,000 ¥60,000 ¥6,000 ¥72,000 ¥132,000
フラット30 ¥7,000 ¥84,000 ¥8,000 ¥96,000 ¥180,000

 

シンプルプラン スマートバリュー加入
通信量 割引額/月 1年目/月 1年目/年 2年目/月 2年目/年 2年総額
1GB未満 - ¥1,980 ¥23,760 ¥2,980 ¥35,760 ¥59,520
1~2GB ¥500 ¥2,480 ¥29,760 ¥3,480 ¥41,760 ¥71,520
2~3GB ¥1,000 ¥2,980 ¥35,760 ¥3,980 ¥47,760 ¥83,520
3~5GB ¥1,000 ¥3,980 ¥47,760 ¥4,980 ¥59,760 ¥107,520
5~20GB ¥1,000 ¥4,980 ¥59,760 ¥5,980 ¥71,760 ¥131,520
フラット20 ¥1,000 ¥4,000 ¥48,000 ¥5,000 ¥60,000 ¥108,000
フラット30 ¥1,000 ¥6,000 ¥72,000 ¥7,000 ¥84,000 ¥156,000

 


上の料金表にスーパーカケホなら+500円、カケホなら+1,000円が目安です。

なお、カケホにするとスマートバリューが1GB未満でも500円割引です。

 

 

赤くしてますが見ての通り3GB以上ならフラット20と金額に大差なしです。

また機種変更の時に言われると思いますが、ピタットプランの5GB以上はフラットプラン20より値段が高いです。

 

フラットプラン20が6,000円に対し、ピタットプラン5~20GBは6,980円となります。

 

3~5GBでも5,980円なのでピタットプランを絶対お得に使えるのは3GB未満までの人と言ってもいいほど。

 

新プランはホントにお得?旧プランとの違い

近所みたいに機種変更と同時にプランとにらめっこって人も多いはず。

 

そこで公式HPの料金シミュレーション!と思ってやってみると実は新プランしか出てこない。

 

 

旧プランにはLTEフラットと言うプランがあり6,934円で7GBまでサクサクに使えるプランです。  

 

色々調べると旧プランの方が使いやすいしお得!とか書かれてたりします。

毎月割と言う本体代半額になる割引制度が使えるからです。

  

新プランは本体料金が48回払いと多く毎月割が使えない

本体って今8万とか9万とかします。この新プランは本体価格の割引がありません。

 

その代わりアップグレードプログラムEXと言うプログラムがあり、390円/月を払えば驚異の48回払い(金利0%)を組めて、機種変更して次も同じのを利用すれば実質の支払いは24回払い分免除となります。

 

一見よさげに見えますが24か月後に必ず機種変更をして、次の機種でも同じプログラマ鵜を利用するのが条件。

 

さらにそれまで使っていた機種を自分で初期化してauに返却しなければいけませんし遅れたら適用されません。

故障などしていた場合修理料金を別途取られます。

 

 

割引ではなく免除と言うのがミソ

 

 

いわば車の残クレみたいな感じで、その機種使いたかったら残りを払えっていう物。

2年後にも新品と同様の価格を払い続けないといけないことになります。

 

 

 

しかし旧プランだと毎月割と言うものがありコレは本体価格そのものを機種により様々ですが24回払いで半額近く割り引きます。

 

両方とも本体代を実質半額にしますよ~という物ですが似て非なるもの。 

 

コチラも軽く表を作ってみました。 

本体代(AQUOS R 86,400円の場合)
GUプログラムEX/月 GUプログラムEX/年 2年総額 本体代残り
¥2,190 ¥26,280 ¥52,560 ¥43,200
390円×24か月=9,360円余分な支払いが発生
※2年で要機種変更

 

本体代(AQUOS R 86,400円の場合)
毎月割/月 毎月割/年 2年総額 本体代残り
¥1,800 ¥21,600 ¥43,200 ¥0

 

新プランは24か月と言う括りで見ればプログラム分高いし手元にスマホも残りません。

旧スマホが残ったところで大して使い道ないのはないのでそこはまだいいんですが・・・・

 

コレの真の力を発揮するのは格安スマホや他社に乗り換えの時。

条件が「次も同じプランで機種変更すれば残額免除」と言う点。

 

本体代残りを強調してますが、新プランでは2年経ったけど格安スマホにしようかな?とか考えると本体代の残りを支払わなければならないんです。

 

 

ずーーっとauしか使わんし2年で毎回機種変更するわ!って人は構わないかもしれないですが、最新機種とかを買った場合auスパイラルが完成します。

 

そう考えるとかなりきつい縛りに見えて毎月割が使える旧プランの方がいいんじゃない・・・?と一瞬思いますが、よくよく試算するとそうでもなかったり。

 

 

実際にAQUOS R(SHV39)で試算する

新プランと旧プランどちらも計算します。

本体はAQUOS R SHV39で価格は86,400円です。

 

条件は今の私とほぼ同じ内容で試算します

  • 本体は分割払い
  • 2年間使う
  • 割引を最大限生かす
  • グレードアッププログラムEXを利用
  • 保証に入る(380円)
  • 通信は毎月4~5GB使用する
  • 通話はシンプルプラン  

 

先に結論とも言える表を用意しました 。

  1年目月々 1年目総額 2年目月々 2年目総額 2年間総額 旧プランとの差額
ピタットプラン5GB 7,978 95,736 8,978 107,736 203,472 ▲38,928
フラットプラン20 8,000 96,000 9,000 108,000 204,000 ▲38,400
旧プラン 10,100 121,200 10,100 121,200 242,400 0

 

これを見ていただいたうえでプランごとの金額解説をしていきます。

 

新プラン(ピタットプラン)の場合

シンプルプラン+5GBなので5,980円

本体代は割引を生かすためアップグレードプログラム適用します。

86,400円の48回払いなので月1800円(税込み)にプログラム代390円(非課税)

さらに保証が380円となります。

 

1年目

(5980-1000)×1.08+1800+390+(380×1.08)

=7,978円×12

=95,736円

 

月々7,978円のお支払い

 

2年目

=95,740円+12,000円(毎月の1,000円引きが無くなるため)

=107,736円

 

月々8,978円のお支払い

 

 95,736+107,736円

2年間の合計が203,472円。

 

新プラン(フラットプラン20)の場合

5GBなら月々20円しか変わらず20GBまでの定額プランと言う手もあります。

 

フラット20プランは上記の表通り1年目5,000円、2年目6,000円です。

1年目

(6000-1000)×1.08+1800+390+(380×1.08)

=8,000×12

=96,000円

 

月々8,000円のお支払い

 

2年目

6,000×1.08+1800+390+(380×1.08)

=9,000×12

=108,000円

 

月々9,000円のお支払い

 

 

2年総額204,000円となりますのでほんの少しだけ高いですが、通信容量の壁には怯えなくて済みます。

 

 

通話をした場合や他に何か契約した場合はここに+αが発生してきます。

 

 

条件としてこの後に機種変更をしないと本体代の残り43,200円を支払わないといけません。

 

万が一機種変更しない場合分割で月々残りの1,800円支払うか、一括で43,200円払うか。

 

また機種変更した場合本体はauに返却となるので手元には何も残りません。

 

買い取った場合は別ですが。

 

 

ちなみに30ヶ月目で機種変更した場合は残りの14か月分が免除(本体返却必須)

 

旧プランの場合

旧プランはLTEプランで934円にLTEフラット5,700円+LTEネット300円

そこに毎月割が適用できます。

 

 

毎月割は上記の通り本体代そのものを割り引きましてAQUOS Rだと半額となり、そこからの24回払いで1,800円/月となります。

 

 

ただしauスマートパスに入っているという条件が付きますが372円とプログラムより若干安い上に特典もあります。保険は変わらず380円です。

 

 

それ以外に割引等はないので2年間お値段変わらず

(6,934円+372円+380円)×1.08+1800=10,100円

 

月々10,100円のお支払い

 

2年総額は242,400円

 

新プランが203,472円なので総額で38,928円の差で旧プランは1か月あたり1,622円高くなります。

 

先ほどの表をもう一度

  1年目月々 1年目総額 2年目月々 2年目総額 2年間総額 旧プランとの差額
ピタットプラン5GB 7,978 95,736 8,978 107,736 203,472 ▲38,928
フラットプラン20 8,000 96,000 9,000 108,000 204,000 ▲38,400
旧プラン 10,100 121,200 10,100 121,200 242,400 0

 

このように月々で見ると旧プランが高いですが、毎月割のお陰で本体を返却しないで済みます。 

 

 

旧プランでは2年経てばスマホは自分の物ですし、24か月以降なら機種変更も好きなタイミングで出来ます。(誰でも割の契約があるのでauを辞める場合は9,500円)

 

なので2年サイクルで新機種を使う人はお得になりますが、そうでない人はプログラムの件もあるので、もしかすると旧プランの方が安い可能性もあります。

 

  

これが最初の方で言っていたauループに陥る仕組みです。

 

 

通信容量を抑えれば新プランはもっと安くなる

LTEフラットだと3GBでも6GBでも同じ6,934円ですが、ピタットプランだと3GB未満に抑えれば1年目3,980円で、2年目4,980円となります。

 

5GB未満だと1年目=4,980円、2年目=5,980円

3GB未満だと1年目=3,980円、2年目=4,980円

フラット20は月6,000円(1年目5,000円)固定で20GBまで使えます。

 

 

3GB未満に必ず収める!と自信ある方はピタットプランで良いですが、それを超えると今度は5GBの壁におびえないといけません。

 

先ほどの表に3GBプランを加えるとこうなる

 

  1年目月々 1年目総額 2年目月々 2年目総額 2年間総額 旧プランとの差額
ピタットプラン3GB 6,898 82,776 7,978 95,736 178,512 ▲63,888
ピタットプラン5GB 7,978 95,736 8,978 107,736 203,472 ▲38,928
フラットプラン20 8,000 96,000 9,000 108,000 204,000 ▲38,400
旧プラン 10,100 121,200 10,100 121,200 242,400 0

 

ここまでくれば旧プランを選ぶ必要性がありません。

本体代の残り43,200円よりも差額の方がデカいですからね。

 

 

ちなみにフラットプランからピタットプランの変更は自由です。(その逆ももちろんOK)

なのでひとまずフラットで契約して思ってたより使わねーなと思ったらフラットに変える・・・と言うのもできます。

 

 

個人的な事言うと機種変更してから家ではwi-fiで接続することにしたのでどこまで通信量下がるか見物。

 

 

どっちがイイかはその人のスタイル次第

がっつり試算した結果を見てもらいましたが、2年で機種変更する場合は新プランは非常に価値アリです。

 

逆に近所のように不自由なければ2年以上使うって人や、格安スマホに乗り換えを考えてるは損かもしれません。

(SIMロック解除してもらえば本体そのままで格安スマホに変えることも可能)

 

通信量が多くない人は新プランの方が断然お得・・・と様々です。

  

 

 

なお、紛失保証があるのでそれを利用して新しい機種と安く交換してもらった後、SIM解除して格安スマホ乗換と言う裏技も出来ます。(本体代残りはもちろんいりますが)

 

 

au新プランのまとめ

月1,980円~!と謳ってしまったので不味かった。

実際は色々条件あるしトドメに1年だけだし詐欺やんけ!と言われる羽目に。

 

 

月2,980円~!最初の1年は1,000円引きでお得!とかってしとけば勘違いも少なかったろうに・・・・。

 

それと最初安くて後から値段が上がるっていうのも心象悪いのかもね。

 

 

あと旧プランの存在をほぼ消して48回払いとかめちゃくちゃな数字で月の支払いを薄めたのも不味かったかな・・・。

 

こんな風にちゃんとした計算を提示すれば新しいプランがお得ですよ!と言えるのに。

 

ちゃんと提示するとなーんだ乗り換えもあんま値段変わらんし・・・って思われたら元も子もないからですかね?

 

価格のインパクトで流入を増加させて、本体代の縛りで絡めて逃がしにくくするという良く言えば商売上手な、悪く言えば詐欺に近いプラン。。。

 

 

計算の結果プランはフラット20で様子見

 近所の契約は「ひとまずフラット20で契約し、様子見てピタットにするか考える」です。(グレードアッププログラムEXも利用しました)

 

動画はほぼ見ないで月々4~7GBの通信量でしたが、Google開発者サービスがバックで通信しやがるのと、家でも外でもLTEだったのでこの通信量。 

www.kinjyo8835.com

 

 

家をwi-fiにしたらどれぐらいになるか次第ですね。

 

 

ひそかに心揺れていた格安スマホについてはまだ周りに人柱所持者が少ないので、一歩が踏み出せませんでした。

 

家ではwi-fiとしても外での通信速度がどのぐらいの物かっていうのと機種のスペックが気がかりなので。

 

 

格安スマホも出始めに比べると通信速度は大幅に改善され機種もそれなりのものが出てます。

今回機種変更した最新機種ほどのハイスペックのは出てないですけどね。

 

もしかしたら大手キャリアが通信制限大幅緩和!とか言い出して格安スマホを苦しめるかもしれませんし、その逆で格安スマホが大手と全く変わらない通信速度や機種を出してくるかも知れません。

  

仕事柄ネットをよく使うので通信速度大事なのと、おサイフケータイと写真をガンガン使うので格安スマホだと物足りないのが本音です。